マンション管理会社の基礎知識

マンションの管理人になるには

マンション管理会社の基礎知識

マンション管理人についての基礎知識

マンション管理人とはマンション管理会社によりまして配属されることになります。マンションを切り盛りしているマンション管理会社の社員の形で雇用され、支配下に置くマンションへと配属されます。正規スタッフでの雇用は少なく、派遣社員、あるいはアルバイトであることがよく見られます。人材派遣会社によって派遣されることもあり得ます。基本としてマンション管理会社へ出社せずに、現場に直行直帰するスタイルを導入している会社が少なくありません。

マンション管理人の利点として、初めに、人材募集で資格や経験値が問われることなく、中途入社などが簡単な業種であるといえます。加えて、机上ワークおよび点検業務が中心であるため、高い身体能力を持ち合わせていない人も続きやすいといえます。残業があまり見られなくて、プライベートとの兼ね合いを効果的にとりたい人にとっても理想です。ひとりではたらく時間が多いことから、自分のペースで仕事がしたい方にもお奨めです。

マンション管理人として働く際の留意点

デメリットとして、苦情対応があります。そして、この業務に負担を感じる人も少なくありません。部分的には、マンション管理人の権利においてはどうすることもできない苦情もあります。住民同士の紛争の仲裁に入らないといけないこともあるので、住人との相性によっては心理的な負荷が大きいといえます。さらに、不審者や災害時にはスムーズに処理する必要があり、プレッシャーを感じる人もいるでしょう。また、正規社員での雇用があまりなく、安定性の良い年収額で生活を送りにくいといったデメリットがあります。しかも、多くの社員募集は高卒もしくは第二新卒そして、フリーターなどを受け容れていますが、年収が少なくてすむ高齢者の方が優遇されています。

応募する人が無くならないのは、当然資格、あるいはキャリアを求められず、中高年の場合でも務まるからと想定されます。そのせいもありまして、年収額はあまり高くないといえます。大企業の管理会社の場合、一週間当たり40時間勤務で月の報酬は15万程になります。年金受給者がとても多い為に、年金を減らされない程度の賃金ということで、金額が抑えられています。マンション管理人の多くは管理会社の下請けへとアルバイトという形で雇用される確率が高いので、勤務する時間など勤務内容に関して必ずしも好条件になっていません。以上のように、マンション管理人が確保できる賃金に関しては、ウィークポイントがあるということをしっかりと理解することが重要になります。

人気記事ランキング